脱毛前の自己処理を忘れずに

全身脱毛サロンのC3で全身脱毛の施術を受けることになったら、ムダ毛の自己処理をしておく必要があります。
他の脱毛サロンの場合は、自己処理で剃り残しがあると、有料でシェービングをしてもらうことになりますが、全身脱毛サロンのC3では、剃り残しを無料でシェービングしてくれるサービスがあります。

 

 

しかし、シェービングが無料だからといって、自己処理をせずにサロンへ行けば良いというわけではありません。
気をつけないといけないのは、「手の届くところは自分で処理をすること」「背中やうなじ、お尻など、サロンでシェービングしてくれる部分は限られること」「自分の電気シェーバーを持参すること」という3点です。

 

 

手の届かないところを無理に処理して、ケガをしてしまうといけないので、自分でできる範囲でしっかりとムダ毛の処理すれば良いのです。
ただ、自己処理をすっかり忘れて、ムダ毛をそのまま残した状態でサロンへ行くと、脱毛の施術自体を断られることもあるので、忘れずにしましょう。
自分でどれくらい処理すれば良いのかわからない場合は、無料カウンセリングの時に確認すると良いです。

 

 

また、脇やVIOの場合は、衛生上の問題で、サロンのシェーバーは使用できないので、自分で電気シェーバーを持参する必要があります。
その際、カミソリは使用できず、2枚刃の電気シェーバーでないといけません。
電気シェーバーを忘れてしまうと、脱毛できないこともあるので、電気シェーバーの持参も忘れないようにしましょう。
どんな電気シェーバーが良いのかわからない場合も、カウンセリングで聞いておくと安心です。
サロンによっては、電気シェーバーを販売しているところもありますが、全身脱毛サロンのC3では販売していないようなので、持っていない人は適切なものを購入しておきましょう。
全身脱毛サロンのC3でもおすすめのものを紹介してくれると思います。

 

 

「シェービングは無料」と聞くと、事前の自己処理をいい加減にしてしまう人もいるかもしれません。
しかし、それでは自分が損をしてしまうことになります。
基本的に、シェービングのサービスは、“おまけ”だと思ってください。
剃り残しの箇所が広範囲だと、その部分は脱毛できないこともあります。
また、シェービング行ってくれたとしても、脱毛時間は限られているので、シェービングに時間を取られ、十分に脱毛できなくなってしまう可能性もあります。
全身脱毛は安いものではないので、損をしないためにも、手の届く範囲はしっかりと自己処理してからサロンへいきましょう。