脱毛前後に気をつけること

全身脱毛サロンのC3に限ったことではありませんが、全身脱毛を行うと、毛根はデリケートな状態で、毛穴も開いた状態になっているので、脱毛行った日はいくつか注意しなくてはいけないことがあります。

 

 

まず、汗をかく行為は避けないといけません。
汗自体は問題ありませんが、汗の特徴として「空気中に浮遊している細菌を集める」ということがあるので、汗は細菌でいっぱいだと考えられます。
そして、開いた状態の毛穴には、毛根があらわになった状態なので、そこへ汗と一緒に細菌が入ってしまったら、赤く腫れてしまうな症状が現れることもあります。
そのため、脱毛後は、汗をかかないように気をつけましょう。

 

 

汗をかかないようにするには、スポーツをしなければ良いというわけではありません。
例えば、飲酒も発汗させる働きがあります。
アルコールは血流を促して、新陳代謝が活発になり、発汗を促進するので、控えないといけません。
また、薬も、体の状態を良くする機能として、新陳代謝を促し発汗を促進する効果があるので、薬の服用も避けましょう。

 

 

入浴も脱毛当日は避けた方が良いです。
毎日、お風呂掃除をしっかりしていても、浴室は温度が高く、細菌を繁殖させやすい環境にあります。
そのため、全身脱毛を受けた当日は、湯船に浸かるのはやめた方が良いでしょう。
シャワーなら大丈夫ですが、お湯の温度はぬるめに設定してください。

 

 

飲酒、薬の服用、入浴は、いずれも脱毛を受けた日に注意することなので、その翌日からは、いつも通りの生活をしても問題ありません。
また、脱毛を受ける前にも気をつけてほしいことがいくつかあります。
その中から、日焼けとタトゥーについて取り上げます。

 

 

全身脱毛サロンのC3の全身脱毛では、皮膚の色には反応せず、毛根の黒色メラニンに反応する脱毛方法を行っています。
そのため、こんがりと日焼けした肌やタトゥーの入った部分は、脱毛することができません。
全身脱毛サロンのC3の脱毛機は、黒色のメラニンに反応して脱毛を行うので、日焼けした肌やタトゥーの色にも反応して、やけどなどの肌トラブルを起こす可能性があるのです。
そのため、日焼けした肌やタトゥーの入っている場合、脱毛できるか確認する必要があります。

 

 

日焼けをしてしまった場合は、元の肌の色に戻るまで、脱毛を受けることができません。
それに、日焼けした肌の色が落ち着いてきても、すぐ施術を受けられるわけではありません。
肌の色が元に戻ったと思っても、皮膚の下はまだ日焼けの状態なので、1ヶ月くらいは施術は受けられないでしょう。

 

 

タトゥーの場合は、脱毛機の光が当たらないように、ガーゼなどを覆って施術を行います。
そのため、タトゥーの入った部分だけ脱毛はできないことになります。

コンタクトレンズ、ピアス、アイプチは危険?

コンタクトレンズ、ピアス、アイプチを普段から行っている人は、全身脱毛専用の全身脱毛サロンのC3で脱毛を受ける時、どうしたら良いか気になるでしょう。
特に、問題のないものもありますが、注意した方が良いものもあるので、脱毛を受ける前に、よく確認しておいてください。

 

 

・コンタクトレンズ

 

全身脱毛サロンのC3の施術では、基本的に、コンタクトレンズを装着していても受けられるようです。
ただ、顔脱毛の際に、何かの拍子にコンタクトレンズが目の中で破れてしまうことも考えられます。
安心して受けられるように、事前に外しておきましょう。
それに、施術中は、視界がぼやけても特に問題ないと思います。

 

 

ただし、カラーコンタクトを普段から使っている人は、注意しないといけません。
カラーコンタクトは、色が付いているので、脱毛機が反応してしまうことがあります。
施術中は、メガネやタオルなどで目を保護しますが、それでも目を傷つけてしまう危険性があるので、外してから施術を受けましょう。

 

 

・ピアス

 

ピアスも事前に外しておきましょう。
なぜなら、ピアスに脱毛機の光が当たって、そこに熱が集中してやけどをしてしまう恐れがあるからです。
また、ピアスの素材によっては、光を反射して別の部位にトラブルを負わせることも考えられます。
そのようなトラブルを避けるためにも、少し面倒かもしれませんが、事前にピアスは外しておきましょう。
ピアスホールまで心配になる人もいるようですが、耳に穴が開いていても脱毛への影響はないので、安心してください。

 

 

・アイプチ

 

最近では、アイプチを常にしている女性も多いと思います。
毎日のようにアイプチをしていると、外して過ごすことに抵抗を感じる人もいるでしょう。
脱毛の時も、できればアイプチをして出かけたい、という気持ちもわかります。
全身脱毛サロンのC3の施術では、アイプチをしたままでも受けられるので、安心してください。

 

 

顔脱毛の際は、メイクを落とす必要がありますが、目は保護して行うので、アイプチはそのままでも大丈夫です。
ノーメイクになるのは恥ずかしいと思いますが、全身脱毛サロンのC3では個室の施術室で行うので、ノーメイクを見られるのはスタッフだけです。
また、パウダールームも完備されているので、施術後はしっかりとメイクして、身なりを整えてから帰宅することができます。

 

 

ここでは、コンタクトレンズ、ピアス、アイプチについて取り上げましたが、全身脱毛を受ける際に、他にも不安なことやわからないことがあれば、カウンセリングの時に確認してください。

ニキビがあっても脱毛を受けられる?

全身脱毛専用の全身脱毛サロンのC3は、幅広い年齢層の方が利用していて、通いやすさが魅力の脱毛サロンです。
しかし、全身脱毛の施術が初めての人にとっては不安でいっぱいでしょう。
全身脱毛サロンのC3では、脱毛の契約をする前に、無料のカウンセリングが行われるので、わからないことや不安なことがあっても、丁寧に説明してくれるので安心です。

 

 

例えば、顔脱毛をしたいと思っていても、ニキビや吹き出物がある場合、施術を受けられるか心配になるでしょう。
ニキビや吹き出物などの肌トラブルは、ストレスがたまったことで自律神経が乱れ、ホルモンのバランスが不安定になったことから起こります。
現代は“ストレス社会”とも言われており、ストレスを発散する時間もなく、肌荒れにも悩まされている方も多いでしょう。
全身脱毛サロンのC3では、顔や背中に吹き出物ができていても、全身脱毛の施術を受けることができるので、心配いりません。

 

 

他の脱毛サロンでは、肌トラブルがある場合、脱毛機の光を当てることができないということで、ある程度治るまで施術を受けられないこともあります。
予約をずらしたとしても、肌の状態が改善されるかわからないので、いつ予約したら良いのか迷ってしまうでしょう。

 

 

全身脱毛サロンのC3では、施術を行う前に、体で気になっていることがあるか聞かれるので、その時に、ニキビや吹き出物、肌荒れのことを伝えれば、その部分に保護シールを貼ってくれます。
また、全身脱毛サロンのC3の施術は、痛みをできるだけ抑え、肌にも優しいので、肌荒れをしている場合や、もともと肌が弱い方でも安心して受けられます。
ただし、炎症がひどかったり膿が出ていたり、熱をもったりしている場合は、症状が悪化してしまうこともあるので、ニキビなどがある場合は、スタッフにしっかりと伝えましょう。

 

 

ニキビなどの肌トラブルが出やすい人は、脱毛を受ける前に、それを治すことから先に取り組んだ方が良いでしょう。
肌の乾燥が原因でニキビなどができている場合は、十分に保湿することが大切です。
また、食生活も気をつけないといけません。
脂肪分の多いものを好んで食べていると、皮脂の分泌が過剰になって、吹き出物や肌荒れを悪化させてしまいます。
食事の栄養バランスをしっかり考えて、皮膚科を受診するなどすれば、徐々に肌が改善していくでしょう。

 

 

また、カミソリなどでムダ毛の自己処理をすることで、肌が乾燥したり傷ついたりして、そこに菌が繁殖してしまうこともあります。
そのため、カミソリなどは清潔に保管してあるものを使い、乾燥を防ぐために自己処理の後は保湿を心がけることが大切です。
また、自己処理で肌に傷が付いてしまうと、その部分は脱毛ができないこともあるので、優しく丁寧に自己処理を行いましょう。

風邪や妊娠している時は脱毛できない

全身脱毛サロンのC3は、料金が比較的安く、安全性の高い全身脱毛専用の脱毛サロンです。
しかし、脱毛を避けた方が良い状況の人は、断られることもあるので確認してください。

 

 

まず、風邪をひいている人は、脱毛の施術を受けられません。
風邪と脱毛は関係がないように思われますが、風邪をひいていると、体にさまざまなトラブルが起きやすい状態にあります。
それでは、風邪の時に、脱毛を避けた方が良い理由を詳しく説明します。

 

 

肌に赤みや腫れが起きる原因に、細菌の感染があります。
光脱毛は肌に大きなダメージを与え、軽いやけどの状態とも言えます。
やけどと言っても、健康な時は全く問題のない程度ですが、風邪をひいている時は抵抗力が落ちており、細菌が軽いやけどにも感染してしまう可能性が高くなるのです。
そのやけどを防ぐために、施術の際には、肌を冷やして行いますが、風邪で熱があると、どんなに冷やしても肌の表面の熱は上がってしまいます。
そのため、やけどを防ぎにくくなってしまうのです。

 

 

風邪薬を服用すれば、熱も下がって風邪の症状も改善されると思われるかもしれません。
しかし、脱毛を受ける時は、薬の服用を避けないといけないのです。
なぜなら、薬の中には、発汗を促す作用のあるものもあるからです。
薬によって出た汗が、脱毛した部分に細菌を運んでしまい、細菌の感染につながることもあるようです。
そのため、薬を服用している時は、脱毛を断られることがあるのです。

 

 

また、妊娠している時も、全身脱毛サロンのC3の全身脱毛を受けられません。
全身脱毛サロンのC3で全身脱毛の契約をして施術を始めた頃には、妊娠のことを全く考えていなくても、脱毛の期間中に妊娠することもあるでしょう。
脱毛の施術は、妊娠していると受けられないので、休止することになります。

 

 

妊娠をしていると、ホルモンバランスが不安定になることが多く、その影響で体毛のコントロールが難しくなり、脱毛の施術を受けると毛が逆に濃くなってしまうとこともあるそうです。
そのため、妊娠中は、脱毛は受けられないのです。

 

 

たいていの場合、妊娠に気づくまで時間がかかるので、「脱毛を受けた時に、お腹に赤ちゃんがいたかもしれない」と心配になるかもしれません。
しかし、全身脱毛サロンのC3で使っている脱毛機の光は、安全で害のあるものではありません。
妊娠していることに気付かなくても、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないので安心してくだい。